2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!

以前のブログ

2019年3月18日 (月)

京都・奈良へ   -奈良編-

 
7_2  
次の日は奈良へGO
実は奈良へ行くのは初めてです。多くの人が修学旅行やらで一度は行かれてますよね。
京都から奈良へは近鉄特急で35分で行くのですね 想像していたよりずっと早いです!
 
 
 
 
 
 
 
19_2   
ガイドさんを頼んで、東大寺→春日大社→興福寺と案内してもらいます。
歩きだしてすぐ、歩道に鹿がいるのを発見
うそっ、普通に鹿が放し飼いされています!(写真は奈良国立博物館)
うわ~、奈良ってこんな所ですか~、感激です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
東大寺の南大門です。 鎌倉時代に再建されたものだそうで、初代のものが大風で倒壊したことから、できるだけ頑丈なものをという工夫が凝らされた重厚で荘厳な造りとなっています。
大仏殿は二回倒壊し、今の大仏殿は江戸時代に再建されたものだそうですが、柱の材が調達できず、創建時より横幅が30mも狭くなったそうです。
創建時にはない唐破風がついて意匠も変わったそうです。
南大門には二体の仁王像がありますが(教科書で見た通りで感激)、昭和63年から5年間かけて解体修理した際、なんと一体が三千ピースの部品からできていることがわかったそうです。
それを70日間で作り上げたそうですから、なんともすごい技術力です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23   
大仏様の手の実物大レプリカです。
中指の長さが1.5mあります。
右手は施無畏印(せむいいん)という手の形で、”恐れなくてもいい”と私達を励ましてくれているのだそうです。
左手は与願印(よがんいん)という手の形で、人々の願いを受け止めてくれているのだそうです。  
ありがたや~。
 
 
 
 
 
 
 
9   
春日大社に行く前に、お昼を食べている時に見えた光景。
若草山を背景に鹿におせんべいをあげる女優さんみたいな女性  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10   
春日大社、興福寺と世界遺産を巡り、千手観音菩薩像や阿修羅像等、国宝もたくさん見ました。
 
奈良は一つ一つのお寺が広くて、鹿せんべいをあげながら歩くだけで足も疲れて満足できてしまうので、京都のような観光客がお金を落とす仕組みができてないように感じました。
もったいないですね。
五百円の絵馬も無人で置いてあるから、外国人は無料サービスだと思って勝手に書いてましたよー。
バチがあたるよって英語でなんて言うのかしらね( ´艸`)ププ
 
今鹿は換毛期で毛がバサバサなのですって。 
六月頃には小鹿がいっぱい生まれているそうですよ 
 
 
 
 
 
 
 
 
17   
奈良、ゆったりしていていい所でした。ぜひまた行きたいです。
今度はお花の咲いている時にね~
今回もお天気に恵まれてよかったです。予報はだったのでちょっと心配でした。
奈良漬と柿の葉寿司を買って帰りました 
この日も一万七千歩超えました 足が筋肉痛です。。。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11
そうそう、ムーミンバレーのカフェでの面白い話のこと。。。
 
 
カフェで使われているこの食器、フィンランドのアラビアというメーカーのものですが、とても素敵で欲しいなと思ったのですが、ショップではどれも七、八千円の値段がついていて、ちょっと高いなーと買わずに(正しくは買えずに)帰ってきたのです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12  
ところが、家に帰り着くと、たまたま北欧に出張していた主人が帰ってきていて、なんとお土産が。。。まさにこの柄、この色
わお♡
 
値段はショップの半分ほどだそう
 
いつもはそんなもの買ってきてとお土産をけなされる主人も、今回ばかりはでかした!と娘たちにも褒められて、何のことやらと目をぱちくりさせておりました  
 
 
偶然は小説より奇なり、をものすごくぶりに実感したことでした。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京都・奈良へ   -京都編-

 
🎼京都~大原 三千院~♪
 
桜には十日ほど早い京都、奈良をお散歩してきました。
初日の京都とは三千院と貴船神社に行きました。
 
 
 
 
 
20   
大原のバス停までは乗り換え案内でたどり着けたけど、方向音痴の私はバスをおりたら右に行けばいいのか左にいけばいいのかわからない
なのでこの看板はとてもありがたかったです♡ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21   
大原女(おはらめ)の小径を歩きます。
昔は大原の女性が頭に薪を載せて京の都まで売りに出かけたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
16   
大原の里を一望できる所を、お漬物やのおじさんが教えてくれました
四方を山に囲まれた盆地です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1   
三千院に着きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
2   
観光客の姿も少なく、しっとりとした苔庭を味わいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
わらべ地蔵       
石彫刻家の杉村孝氏の作品だそうで、氏は1937年生まれなので、比較的新しいお地蔵様ですが、すっかり苔庭になじんでいました。
 
国宝の阿弥陀如来様に手を合わせ、庭師さん達があじさい苑を一生懸命手入れされていて、あじさいが咲く頃、また来れたらいいな~と思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大原からバスと叡電に乗って貴船に来ました。
 
 
6_2   
貴船神社です。
前回鞍馬に行った時に貴船まで来たかったのですが、雨で断念したので今回はリベンジです。
今回も雨がポツポツ。。。傘をさすほどではないけれど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18_2   
参道の灯篭が美しいです。
貴船神社は縁結びのパワースポットだそうで、娘たちの良縁を願いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
貴船川は夏は川床料理を楽しめます。
木々も緑になって、爽やかで賑やかな夏の風景なのでしょうね。
 
 
 
 
奥宮まで行ったら帰りの最終バスに間に合うかどうかという時間になり、急ぎ足で駆け戻りました。
ギリギリで間に合いましたが、一万五千歩以上坂道を歩いて、もうヘロヘロ~
ホテルに着いたらもう一歩も歩けない~と食事はルームサービス、寝落ちしました~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年3月11日 (月)

ムーミンバレープレオープン

 
16日にグランドオープンになるムーミンバレーのプレオープンに行ってきました。
 
 
 
1   
埼玉県飯能市の宮沢湖の周囲に造られたムーミンのテーマパークです。
ヘルシンキまで7781kmなんて看板もあって、北欧を意識させられます  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4_2   
はじまりの入り江エリアです。
絵本の中をくぐり抜けてムーミン谷に入ります。
ムーミンパパが作った水浴び小屋があります。  
 
 
 
 
 
 
 
 
7   
ムーミン屋敷です。可愛いお家です
中に入るには別料金千円、しかも入場券をもらうには熾烈な戦いが
十四時の入場券配布に十三時から並ばせ、しかもその並ばせ方が、時間になりましたからはい皆さんどうぞ、というアナウンスだったので、既に集まっていた群衆は窓口に殺到して、子どもは怖がって泣き叫ぶ、おばさんは押さないでよ!って怒鳴る、おじさんは整備しろよ!!って怒鳴る、もう怒号が飛び交いました。
結構前の方に並んだのですが、馬鹿らしくなってやめました。
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
ご飯を食べるのも大変で、たかがホットドッグとレモネードを買うのに二時間かかりました  
これもどうなの、まったく
私の前に並んでた母娘さん、私と散々愚痴りあい、あと三人くらいになってやっと気持ちも落ち着いたところに例のムーミン屋敷の入場時間に間に合わないと払い戻しをされました。
十時の配布時間に並んでやっと手にした十四時半の入場券なので、それは入らないと~でしょうが、ホットドッグにも二時間並んであと三人のところだったのに、何の融通も配慮もしてくれないんだねーって周りの方と話して(みんな連帯感)、気の毒でしょうがなかったです。  
ムーミン谷に来て怒ってはいけないとみんなで苦笑いしつつ、プレオープンなんて日に行くのは間違ってました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9   
おさびし山のヘムレンさんの遊園地です。
この山を切り開くのは大変だったでしょう!
大きなツリーハウスに子ども達は嬉々として遊んでいました
私も滑り台、滑りました~
 
 
 
 
 
 
 
 
15   
おさびし山の上の天文台、ムーミンとスニフとスナフキンがいるのが小さく見えて感激  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12   
湖の周りをかなり歩くので、所々に絵本の世界が再現されていて楽しいです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
鷺ちゃんも一役買っています  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13   
一万歩以上歩いて疲れました~。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14   
でも飲んで帰ることにしましょう。
そんなに混んでないのに、これまた時間のかかるカフェでございました 
でもちょっと面白いことがありました。
それはまた次回に♪ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年3月 7日 (木)

新宿御苑

ハルさんから新宿御苑の入場料が値上げされるということを教えていただき、
早速年間パスポートを作りに行きました
 
 
 
 
 
1   
カンザクラが満開でした
 
 
 
 
 
 
 
 
7   
メジロさんもご飯をたらふく食べれる季節になって嬉しいね~
 
 
 
 
 
 
 
 
2  
池のほとりのシュゼンジカンザクラが咲き始めていました。
寒緋桜と大島桜の園芸種で、静岡県の修善寺の境内に原木があるそうです。 
昨年はこの時期に満開でしたから、今年はむしろ遅めの開花状況です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
池に映る景色とともに楽しめる美しい桜です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4   
サンシュユの黄色が春らしい彩りで♡を奪われます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
サンシュユはブルガリアにあるヨーグルトの木の親戚にあたるそうで、温めた牛乳に枝を入れて一晩おくとヨーグルトができるそうです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6   
それにしても200円の入場料がいきなり500円とは!!
年パを作ってくれたおねえさんも、私も吹いちゃいました、と驚かれたそう。
開園時間の延長や夜間ライトアップも始まるそうですが、この日は年パ作成コーナーが大賑わいでした。
桜のシーズンの3月19日からの実施だそうです。は~  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年3月 3日 (日)

百草園の梅まつり

 
1   
久しぶりにまとまった雨が降った一昨日、空気がしっとりした昨日、日野市の京王百草園(もぐさえん)に行ってきました。
 
メインの寿昌梅(じゅしょうばい)、樹齢は三百年を超えると言われています。
素晴らしい枝ぶりです。
 
 
 
 
 
 
 
2_2   
園内は五十種、五百本の梅があり、昨日は八分咲き、ほぼ満開だったそうです。
観光客がひっきりなしですが、やっと途切れた一瞬です  
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
百花園のシナマンサクは葉がたくさん残っていたけれど、ここのは花だけでとても華やかです。  
 
 
 
 
 
 
 
4   
白い枝垂れ梅が風情がありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
多摩丘陵の一角に位置する百草園、見晴台に上るとはるかに見渡せて気持ちがいいです。
晴れていると新宿新都心やスカイツリー、筑波山まで見えるそうです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
6   
京王パスポートカードを見せれば入場料は二割引き、京王タクシーの領収書で百草園特製の梅干しがお土産にもらえて、帰りに寄ったカフェでは京王百貨店友の会のカードで5%オフ、おまけに一日限定サービスということで桜デザインの可愛いお葉書までいただけて、いやおうなしに京王天国を実感しました  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7   
そんなの関係ね~ってお昼寝のさんを帰り道で発見  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
黄梅でしょうか。
黒い壁に枝垂れて美しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月27日 (水)

河津桜

 
1   
久しぶりにいつもの川沿い散歩道を歩いてみました。
河津桜が咲き始めていました
 
 
 
 
 
 
 
2   
濃い目のピンクで可愛い色です。  
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
向う岸の方がたくさん咲いていました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4   
写真を撮っていると、咲きましたね~ってお散歩の方々が声をかけてくださいます。
 
88歳の洋子さん、年寄りは愚痴が多いけど、私は言わないようにしてるの。
愚痴を言うくらいなら知恵を出せってね 。。。すごい矍鑠(かくしゃく)としたおばさまでした  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
梅はまばらな花付きで楚々としていますが、桜はみっちり咲くのが華やかで魅力ですね。  
 
大寒桜の蕾もふくらんでいました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
6   
帰り道に階段の上のと目が合いました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7  
階段をおりて、挨拶をしにきてくれました 可愛い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月26日 (火)

亀戸天神 梅まつり

 
1   
梅まつり開催中の亀戸天神にいってまいりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
2   
満開まではもう少しですが、たくさんの人出でにぎわっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
10   
同じ場所からスマホで撮った物。
広く撮れるのでにぎやかに見えます。
園内三百本の梅があるそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
今年は枝垂れもとても綺麗に咲いています。
 
 
 
 
 
 
 
 
4   
25日は菅原道真公の命日にあたるということで、菜種御供祭が行われていました。
”なたね”が”なだめ”に通じることから、菜の花をお供えして御心をなだめる行事だそうです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
境内に露店が出てにぎやかな色合いです
呉服枝垂れ、さみしい年もあるのですが、今年は本当に華やかに咲いています。  
 
 
 
 
 
 
 
 
6   
椿も色を添えています。  
 
 
 
 
 
 
 
7   
可愛いワンちゃんが撮影中だったので、私も撮らせてもらいました。
襟巻 お洒落さんです。  
もうちっとも寒くなくて、春が近いのを感じます。
週末は三月になりますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月18日 (月)

だんだん春めいて

 
1   
今日はお天気で風もなかったので、百花園は結構な人出でにぎわっていました。
児童遊園にはとバスのガイドさんが待っておられたので、はとバスツアーのコースになっているのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
2   
色の濃い鹿児島紅が華やかです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
紅千鳥
おしべが花弁のように変化したものを千鳥に見立てて、紅千鳥と名前がついたのだそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
青軸も咲き始めました。清々しいいでたちで人気の品種だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7   
枝垂れを撮っていたら、一瞬メジロが飛んできました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4   
園内ではいろんな春の植物が活動を始めました。
シナマンサクが咲いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
6_2   
フキノトウがそこここに! あ、おじさん、踏まないで!と思わず言いそうになるくらい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
サクラソウの仲間ですと名札がついて、百花園には一鉢飾ってありましたが、
百花園に向かう道すがらに、こんなにこんもり綺麗に咲いているプランターを見つけてしまいました
 
今週は暖かい予報なので、この一週間でグッと季節が春めいてくるだろうと思われます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月11日 (月)

今日も雪です

 
今日も朝からチラホラ雪が舞っています。
 
 
 
 
6   
雪の花
 
 
 
 
 
 
 
 
9   
枝垂れ梅  
 
 
 
 
 
 
 
 
10   
誰が置いたのかな、赤い椿が鮮やかです。
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
お茶屋さんの窓越しの景色。寒そう~
 
 
 
 
 
さてそこで問題です。
 
花が咲き終わった後、桜は散る、椿は落ちる、牡丹は崩れる、と表すそうです。
では梅はなんと表現するでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
答えは、こぼれる。。。だそうです なんとも素敵な響きです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月10日 (日)

雪の百花園の梅

昨日は東京に雪が降りました。
 
 
 
 
1   
電車が動いているようなので、百花園に行ってみました。
外門の前、紅梅に雪がうっすら積もって、想像以上に美しいです。
この光景を見た瞬間にテンションがボンッて上がりました
 
 
 
 
 
 

3   
今年の庭園カレンダーの二月はこの光景です。
カレンダーはもっと梅が咲いていますが、雪の華もしっとりいいです。
明るく撮ったので、正面に少し見えていたスカイツリーが消えちゃいました  
 
 
 
 
 
 
 
5
 
梅の花、梅の枝ぶり、美しいと思えるお年頃になりました
 
 
 
 
 
 
 
 
7
  
鹿児島紅の濃い紅色と白い雪が美しいです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
メジロがきました。
望遠レンズでなかったのでうまく撮れなかったけれど、寒さにふくらんでとても可愛いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
12   
水仙と白梅。
白梅も白加賀や青軸が咲き始めて、園内もこれからにぎやかになります。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13_3
  
四阿には梅にちなんだ俳句と可愛い生け花が
 
 
 
 
寒さを忘れて写真を撮りましたが、やっぱり寒い!手がかじかんできました
お茶屋で熱々の甘酒をいただいて帰りました



«梅がいい香りです