2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!

以前のブログ

« 藤が見頃に | トップページ | オオアマナ »

2017年5月 1日 (月)

調布散歩

今日から五月clover、早いですね~。
皆様連休はいかがお過ごしでしょうか?
 
 
 
 
 
今日は午後から雷雨になるとの予報でしたので、午前中にパパッと調布へ出かけました。
 
 
 
 
 
1
 
こちらは国領神社の境内にある樹齢五百年の『千年乃藤』 です。
後方の背の高い木も藤です。
元々は大きな欅の木に絡まっていたそうですが、落雷で欅の木が枯れてしまったため、
支柱を立て、藤棚を作ったのだそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2
 
迫力ある枝ぶりです。樹齢五百年ってすごいですね。
 
 
ご近所の保育園のお散歩コースみたいですhappy01
デイサービスのおじいさん、おばあさん達の記念撮影で、「お花に負けないくらいいいお顔してくださいね~」って声かけがあって、思わず私も笑顔になりましたhappy02
 
 
 
 
 
 
 
 
3  
”フジ”は無事に通じるそうで、 災厄を防ぎ守る御神木として敬い崇められているそうです。
 
 
    
 
 
 
 
 
 
4   
この藤の実を入れたお守り、ご利益ありそうですね。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
5   
藤棚の広さは四百平米もあるそうですが、住宅街の中の小さな神社で、皆さんのんびり藤の花を楽しんでいらっしゃいましたconfident   
五百年の元気、もらえました~heart02 
 
 
 
 
 
 
 
6  
まだお天気が大丈夫そうだったので、深大寺へ足を延ばしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7   
いつもの門前町、聞こえてくるのは中国語ばかり~。
 
 
 
 
 
 
 
8   
白い花がまるで雪をかぶったかのようにいっぱいに咲くこの木は『なんじゃもんじゃの木』。
何度も深大寺には来ていますが、花が咲いている所を見るのは初めてです。感激♡
 
 
 
 
 
 
 
 
9   
花びらがくるくると回転するプロペラのように散っていく様は 格別に美しいそうです。
それも見たいです~eye
 
 
 
 
 
 
 
 
10   
隣に咲いているこの花はベニバナトキワマンサクです。
 
 
 
 
 
 
 
 
11   
谷中を歩いている時に撮ったこの花、何の花かわからずにいたのですが、
これベニバナトキワマンサクですね。
華やかなお花ですね。
 
 
そうこうしているうちに雨がポツポツ降ってきました。
急いでbusに乗って帰りました。
帰り着いたらにわかに空は真っ暗に、雷がなりましたthunderrain
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 藤が見頃に | トップページ | オオアマナ »

コメント

お早うございます(#^.^#)花も凄いけど樹齢500年の幹も立派なものですね。構えずに行けるところって良いですね。なんじゃもんじゃの名前教えていただき有難うございます。ベニバナトキワマンサクもマンサクとだけしか知りませんでした。花が面白いですね。

いや~
やっぱりサファイアさんの藤の花~
きれいだな~
こんな素敵な場所がお近くで、こんなきれいなお写真がとれて。。。。
うれしいですよね~

三枚目のお写真、立派な大きな藤の花がたわわに咲く木。
藤棚もいいですが、こんな感じに咲くのもまた。。。。いいですね~
木の枝の個性で雰囲気もいろいろで。。。。lovely

こんばんは

 すごい樹齢500年ですかあ~
フジって無事を意味するのですね。
知らなかったですcoldsweats01
きれいですshine
ナンジャモンジャの木、こんなにいっぱい花咲いてるの初めて見たかも。
きれいですね~
散るところも見たいものです^^。
ベニバナトキワマンサクっていうのですね。
華やかできれいですshine

昨日は大荒れの天候だったみたいですね!
早く帰れてよかったです。

凄いフジですね~俺も500年の元気を頂きました。
深大寺に行かれたのですか?この寺には延命観音像があるはずです。実はそれは、俺のまちの海底から発見されたものです、事情があってそちらで祀られています。

こんばんは。
今から20年前に新宿で仕事をしていました。
昼のお仕事ですよ。(笑)
甲州街道を車で走って調布にはよく行きましたよ。
こんな場所があったんですね。
とても美しいです。

cute花形みつるさん こんばんは~♪
みつるさんは植物の名前にお詳しいですものね。
なんじゃもんじゃは覚えやすいとしても、
ベニバナトキワマンサク、家の主人は何度教えてもすぐに忘れてしまいますcoldsweats01
樹齢五百年なんて、気が遠くなりますね。
かくしゃくとした風格ある藤の木でした。

cute野花さん こんばんは~♪
ありがとうございます♡
植物にお詳しい野花さんにお褒めの言葉をいただくと嬉しいです。
神社に入った時は、撮りにくいな~って思ったのですが、
さすが五百年の風格、いろんな面を見せてくれました。
個性ですかねhappy01この木の底に秘められた力強さにだんだんに魅せられました。

cuteみいさん こんばんは~♪
五百年もここで毎年花をつけているなんて信じられませんよね。
背も高いし、まだまだお元気ですhappy01
なんじゃもんじゃの木も大きくてとても立派でした。
本当に雪が降ったかのように真っ白で、散る様もぜひ見たいものだと思いました。
知らない木や花がたくさんあるものですね~。

cuteでんでん大将さん こんばんは~♪
樹齢が高い木は囲ってあったり柵があったりでガッツリ保護されている木が多いですが、
この藤は自然体で、藤棚の下にも入れましたhappy01
本当に木自体が元気なのだと思います。
深大寺の延命観音、調べてみました。
昭和41年の秋田県象潟港工事の際、工事の支障の原因となった大石を引き上げてみたら、
天台宗を完成させた慈覚大師の自刻の像があったと。
縁あって翌年に深大寺に奉安されたとありました。
どのようなご縁があったのか詳細はわかりませんが、本殿から少し外れた所に観音堂があり、
毎月十八日に延命息災祈願があっているようなので、都合が合いましたらお参りしてまいります。

cutenanさん こんばんは~♪
国領神社は甲州街道に面していまして、
この藤も欅に絡まっている時は甲州街道にまで枝を伸ばしていたそうです。
毎日のように前を通っていらっしゃったのではないでしょうか?happy01
私も今年初めてここが藤の名所だと知ったくらいで知名度が低いですが、
それもまた良し、でしょうかwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤が見頃に | トップページ | オオアマナ »