2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ぽちっと

  • ポチッとよろしく!

以前のブログ

旅行・地域

2019年4月24日 (水)

桜  -Ⅻ- 

1_12

  
7時ちょうどの~あずさ1号で~🎵
(松本駅9時38分到着の時の写真です。)
安曇野に行ってきました。とても行きたかった所です。
  
  
  

    
  
  
2_10
  
NHK朝ドラ『水色の時』(昭和50年)のために制作された道祖神。
(水色の時、私は見ていませんが、最高視聴率48%を超えたそうで、すごいドラマですね!)
二人が寄り添う姿の道祖神を双体道祖神というそうですが、ほのぼのと愛らしいお姿です。
  
  
  
 
  
  
3_10
  
山桜咲く里が見頃ということで、その名も『桜仙峡』にやってまいりました🌸
  
  
  
  
    
  
  
4_10
  
小鳥が種を運んで自然に増えたそうですが、
ほ~~絶景でございます♪
  
  
  
  
  
  
  
10_1
  
西の吉野、東の陸郷。。。と並び称される日をめざして?
お手植えの桜もあるとか^^
いえいえ、管理されてこその絶景でしょうとも。
  
  
  
  
  
  
  
6_6
  
切り株と竹を渡したベンチに腰掛け、飽きることなく眺めていられます。
お天気も上々で、ここで飲んだ売店のアイスコーヒーのなんと冷たくて美味しかったこと。
アイスコーヒー、今シーズン初でした。
  
  
  
  
    
  
  
7_4
  
移動して少し高い所から見ます。
  
  
  
  
  
  
8_4
  
桜、見納めかなぁ~。とても綺麗です。
  
  
  
  
  
  
  
9_1
  
ここに座って景色をながめていると。。。
ふっと一瞬風になれたりするのかなーなんて思えたりします。
  
安曇野市の桜仙峡でした。
  
  
  
  
  
  
  
  
  

2019年3月24日 (日)

帰ってきました

  
  
  
1_1
  
  
  
  
  
全ての用事を終えて帰りの飛行機をラウンジで待つこの時間が一番落ち着きます。
  
  
  
  
  
記事の投稿、勝手が違うのでとまどいますね。絵文字も何だか。。。?
ちょっとお試しに投稿してみます。
相変わらずアバターは表示されてないですね。
  
  
  
  
  

2019年3月18日 (月)

京都・奈良へ   -奈良編-

 
7_2  
次の日は奈良へGO
実は奈良へ行くのは初めてです。多くの人が修学旅行やらで一度は行かれてますよね。
京都から奈良へは近鉄特急で35分で行くのですね 想像していたよりずっと早いです!
 
 
 
 
 
 
 
19_2   
ガイドさんを頼んで、東大寺→春日大社→興福寺と案内してもらいます。
歩きだしてすぐ、歩道に鹿がいるのを発見
うそっ、普通に鹿が放し飼いされています!(写真は奈良国立博物館)
うわ~、奈良ってこんな所ですか~、感激です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
東大寺の南大門です。 鎌倉時代に再建されたものだそうで、初代のものが大風で倒壊したことから、できるだけ頑丈なものをという工夫が凝らされた重厚で荘厳な造りとなっています。
大仏殿は二回倒壊し、今の大仏殿は江戸時代に再建されたものだそうですが、柱の材が調達できず、創建時より横幅が30mも狭くなったそうです。
創建時にはない唐破風がついて意匠も変わったそうです。
南大門には二体の仁王像がありますが(教科書で見た通りで感激)、昭和63年から5年間かけて解体修理した際、なんと一体が三千ピースの部品からできていることがわかったそうです。
それを70日間で作り上げたそうですから、なんともすごい技術力です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23   
大仏様の手の実物大レプリカです。
中指の長さが1.5mあります。
右手は施無畏印(せむいいん)という手の形で、”恐れなくてもいい”と私達を励ましてくれているのだそうです。
左手は与願印(よがんいん)という手の形で、人々の願いを受け止めてくれているのだそうです。  
ありがたや~。
 
 
 
 
 
 
 
9   
春日大社に行く前に、お昼を食べている時に見えた光景。
若草山を背景に鹿におせんべいをあげる女優さんみたいな女性  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10   
春日大社、興福寺と世界遺産を巡り、千手観音菩薩像や阿修羅像等、国宝もたくさん見ました。
 
奈良は一つ一つのお寺が広くて、鹿せんべいをあげながら歩くだけで足も疲れて満足できてしまうので、京都のような観光客がお金を落とす仕組みができてないように感じました。
もったいないですね。
五百円の絵馬も無人で置いてあるから、外国人は無料サービスだと思って勝手に書いてましたよー。
バチがあたるよって英語でなんて言うのかしらね( ´艸`)ププ
 
今鹿は換毛期で毛がバサバサなのですって。 
六月頃には小鹿がいっぱい生まれているそうですよ 
 
 
 
 
 
 
 
 
17   
奈良、ゆったりしていていい所でした。ぜひまた行きたいです。
今度はお花の咲いている時にね~
今回もお天気に恵まれてよかったです。予報はだったのでちょっと心配でした。
奈良漬と柿の葉寿司を買って帰りました 
この日も一万七千歩超えました 足が筋肉痛です。。。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11
そうそう、ムーミンバレーのカフェでの面白い話のこと。。。
 
 
カフェで使われているこの食器、フィンランドのアラビアというメーカーのものですが、とても素敵で欲しいなと思ったのですが、ショップではどれも七、八千円の値段がついていて、ちょっと高いなーと買わずに(正しくは買えずに)帰ってきたのです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12  
ところが、家に帰り着くと、たまたま北欧に出張していた主人が帰ってきていて、なんとお土産が。。。まさにこの柄、この色
わお♡
 
値段はショップの半分ほどだそう
 
いつもはそんなもの買ってきてとお土産をけなされる主人も、今回ばかりはでかした!と娘たちにも褒められて、何のことやらと目をぱちくりさせておりました  
 
 
偶然は小説より奇なり、をものすごくぶりに実感したことでした。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

京都・奈良へ   -京都編-

 
🎼京都~大原 三千院~♪
 
桜には十日ほど早い京都、奈良をお散歩してきました。
初日の京都とは三千院と貴船神社に行きました。
 
 
 
 
 
20   
大原のバス停までは乗り換え案内でたどり着けたけど、方向音痴の私はバスをおりたら右に行けばいいのか左にいけばいいのかわからない
なのでこの看板はとてもありがたかったです♡ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21   
大原女(おはらめ)の小径を歩きます。
昔は大原の女性が頭に薪を載せて京の都まで売りに出かけたそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
16   
大原の里を一望できる所を、お漬物やのおじさんが教えてくれました
四方を山に囲まれた盆地です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1   
三千院に着きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
2   
観光客の姿も少なく、しっとりとした苔庭を味わいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
わらべ地蔵       
石彫刻家の杉村孝氏の作品だそうで、氏は1937年生まれなので、比較的新しいお地蔵様ですが、すっかり苔庭になじんでいました。
 
国宝の阿弥陀如来様に手を合わせ、庭師さん達があじさい苑を一生懸命手入れされていて、あじさいが咲く頃、また来れたらいいな~と思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大原からバスと叡電に乗って貴船に来ました。
 
 
6_2   
貴船神社です。
前回鞍馬に行った時に貴船まで来たかったのですが、雨で断念したので今回はリベンジです。
今回も雨がポツポツ。。。傘をさすほどではないけれど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18_2   
参道の灯篭が美しいです。
貴船神社は縁結びのパワースポットだそうで、娘たちの良縁を願いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8   
貴船川は夏は川床料理を楽しめます。
木々も緑になって、爽やかで賑やかな夏の風景なのでしょうね。
 
 
 
 
奥宮まで行ったら帰りの最終バスに間に合うかどうかという時間になり、急ぎ足で駆け戻りました。
ギリギリで間に合いましたが、一万五千歩以上坂道を歩いて、もうヘロヘロ~
ホテルに着いたらもう一歩も歩けない~と食事はルームサービス、寝落ちしました~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年1月16日 (水)

伊香保で

伊香保での写真です。
 
 
 
 
004  
ロープウェイで見晴台に行けるのですが、いつも乗る前は”このロープ大丈夫かな?”と思ってしまいます  
 
 
 
 
 
 
 
 
006  
見晴台に行く途中にスケートリンク⛸があるのが見えました。
標高934mにあるスケートリンク、屋内リンクも二つあって、国際規格の日本最大級のスケート施設だそうです。
お正月も二日から開いてるのですね。伊香保はスケートの街なんだなー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
005  
ほ~、いつも山の見えない関東平野に住んでいるので、山の景色は気持ちがいいです。
正面奥の雪がかぶっている山の方は日光白根山方面になります。
右側奥に赤城山があります。  
 
 
 
 
 
 
 
 
007   
奥の方が水上方面になりますが、年末はすごい雪だったのです。
伊香保は山ひとつあるおかげで雪から守られていると仲居さんがおっしゃってました。
正面の十二ヶ岳、中の岳、小野子山の連山を三並山(みなみやま)と呼ぶそうですが、
守ってくれてるのがわかります。
三並山。。。スリーシスターズ?  
 
 
 
 
 
 
 
 
003  
伊香保神社に上る365段の名物の石段、頼もしいお兄ちゃん、がんばって♡
のぼりが写ってる温泉まんじゅうやさんで一つ買い食い~
あんこが熱すぎて口の中やけどしました 経験値あがりました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年12月17日 (月)

旅の終わり

12   
非日常の朝。。。☕
 
 
 
 
 
 
 
 
11   
部屋の引き出しには充実の品ぞろえ
 
そんな日々とももうすぐお別れ。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後の街歩き
 
8    
スーパーの入り口に がいました。
いつの間にか居ついたようで、スーパーの看板猫に昇格したそうです
 
 
 
 
 
 
 
9  
手厚く可愛がられていました。
今は”OFF DUTY"勤務時間外だそうです  悠々自適の生活ぶり、素晴らしい
 
 
 
 
 
 
 
11_2   
日本でもおなじみのユリカモメを見るとほっとします。
そろそろ日本が恋しいな~♡
 
 
 
 
 
 
 
 
12_2   
私を気にしつつも🍦のおこぼれに預かろうと近寄って行ってます
さて早めの夕食をとってメルボルンへトランジットです。
 
 
 
 
 
 
 
 
13
 
楽しかった旅行も全行程を終え、メルボルン真夜中0時45分発というJALで一路日本に帰りました。
オーストラリア人は定時までしか働かないので、深夜の空港は外国人職員ばかり。みんな不機嫌
トランジットの時間が少ないから早くしてって添乗員さんが言ったらそれがお気に召さなかったようで、別室に拉致されちゃった!
さまよえる子羊の私達
でもそこは日本のJTB、メルボルンの現地スタッフさんが待機してくれてて事なきを得ました。
ものすごく意地悪されたって添乗員さん憤慨してました。
いろいろあるんだなぁ~ 余計なことは言わないのが得策のようです。
 
飛行機に乗ったら日本人のCAさんにすっかり安心しました。眠くないの?って聞いたら、正直に言えば眠いです~って笑顔が爽やか
お休み前にお飲み物はいかがですか?と聞かれ、シャンパンを、と言ったまでは覚えているのですが、飲み物が運ばれてきた時にはもう寝てました
 
ぐっすり寝た後の機内食の朝ごはんがとても美味しかったです
やっぱり鮭は塩鮭の焼き魚が最高!
 
 
 
以上、オーストラリア&ニュージーランド旅行でした。
 
 
 
 
 
 
年の瀬になってまいりましたが、実感がわきません。
お正月準備、どうする?
とにかく風邪をひかないようにだけ気をつけたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年12月14日 (金)

シドニーで見たもの

 
1  
ジャカランダの花
少し前が最盛期だったというジャカランダの花。
とても美しいです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
2  
こんな風に並木になっています。
 
日本にもジャカランダ、あったらいいのにと調べてみたら、雲仙市にジャカランダ通り、日南市にジャカランダの森、熱海にジャカランダ遊歩道があるそうです。
へ~、見てみたいです。五月~六月が見頃だそうです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
3  
オペラハウス
見る角度によって様々な形に見える面白い建物ですが、建物見るだけじゃあね
ちょうど適当な演目がなかったそうで、観ることができなかったオペラでした。残念
 
 
 
 
 
 
 
 
4   
ミルソンパーク
こういう木の生え方が日本ではないですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
ワイルドライフ・シドニー動物園という都心にある室内動物園に行くと、オーストラリア特有の生態を見ることができます。
 
タスマニアデビル  現存する中で最大の肉食性有袋類だそうです。
こんなに可愛いのにものすごい声で鳴くのです  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6   
ヒクイドリ
世界一美しく危険な鳥であると日本語で説明板が出ていました
鬼キックで人をも殺してしまうそうです ギネスブックに世界で一番危険な鳥として載ったのだそうです。
この写真だとよくわかりませんが、頭から首にかけては羽がなく、色が青や赤やオレンジの鮮やかな色をしています。  
 
 
 
 
 
 
 
 
7   
そしてコアラちゃん🐨
残念ながらこの動物園では抱っこはできませんでしたが、か~わいいコアラを間近に見ることができました。
 
 
 
 
 
 
 
14
動物で一番手のかかるのは所変われどやっぱりこれですかねぇ~( ´艸`)ププ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年12月10日 (月)

クイーンズタウンⅡ

 
1   
クイーンズタウン二日目はワカティプ湖を対岸に渡り、ウォルターピーク牧場に行きました。
高原の牧場で羊の毛刈りショーやシープドッグが羊を追い込むショーを見た後、ランチです
バーベキューハウスの佇まいがなんともニュージーランドっぽいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
2   
薔薇もたくさん咲いてて、大柄の男性のガーデナーがせっせと手入れをしていました。
きれいね~、サンキュー日本から?、イエス、楽しんでいって^^、ありがと♡。。。なんていう軽い会話が楽しい
英語、もっと話せたらいいのにと痛感いたしました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
7
ランチはラム肉のローストがとても美味しかったので、思わずおかわりしてしまいました。
日本でいただけるでしょうか、こんな柔らかくてジューシーなラム肉🍖
まったく臭みもないです。ラム肉には独特な乳臭いイメージがありましたが、払拭されました。  
 
 
 
 
 
 
 
3   
青いルピナスの花が目に新鮮。
でもこれは外来種で吸肥力が旺盛なので雑草扱いで、牧場では除草剤をまいて駆除するそうです。
一枚目の写真の山肌に生えている黄色い花はエニシダだそうですが、これも外来種でやっかいなのだそうです。
観光客には綺麗で写真映えするのでいいのですけどね~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4   
あんな華奢な橋げたに蒸気船がつきます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5   
あ、来ました、蒸気船アーンスロー号
現地ではあまり周りを見なかったけど、写真を見ると観光客はアジア系ばかりですね
でも韓国人や中国人と間違えられることはなかったです。
なんで日本人ってわかるの?って聞いたら、韓国人とどっちかな?って思うけど、態度や雰囲気が違うって言ってましたね。  
どう違うのか掘り下げて聞ければよかったのにねー、次回の課題です笑  
 
 
 
 
 
 
 
 
6   
蒸気船の中で可愛いboy見つけました。
ちょっと涙目、窓に映っているのがママです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年12月 8日 (土)

クイーンズタウンⅠ

12月4日~6日はニュージーランド観光です。
メルボルン空港からクイーンズタウン空港へ
 
 
 
 
 
 
1   
世界一景色が美しいと言われるクイーンズタウン空港。
降り立つと雨予報はどこへやら、青空と山 澄んだ空気がとても気持ちがいいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
2   
市街地に向かうバスの車窓にも美しい光景が広がります。
 
 
 
 
 
 
 
 
3   
スカイラインというゴンドラに乗って、440mのボブズ・ヒルまで上がっての景色です。
マオリ語で「翡翠の湖」という意味のワカティプ湖、クイーンズタウンの市街地、遠くにサザンアルプスの山々を一望できます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4   
窓に景色をはめ込んだようなレストランでランチビュッフェです
国際色豊かなお料理で、お肉は美味しいし、巻きずしなんかもあって、お味はとてもよかったです
世界中から観光客が来るので、よく考えてあります。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6   
街へ戻って散策 狭い街なので迷わずに楽しめます。
ゼブラ模様の横断歩道がありましたよ
こんなのいいですね~♡
 
 
 
 
 
  
 
5   
ちょっと雨も降りました。 
一日のうちに四季があるというクイーンズタウン、季節は夏だけど、コートがいるくらい寒い時間帯もあります。
明日はここから蒸気船に乗って対岸へ行きます  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年10月20日 (土)

爽やかな秋に

今週の週間予報はが並んでいます。気温も20度ちょっとくらい。
秋晴れの爽やかな季節がやってきました
 
 
 
 
 
 
1  
ふわふわ飛んでる雰囲気の黄色い葉っぱ🍂  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2   
美しい色合いにドキドキします  
 
 
 
 
 
 
 
 
3_2   
もののけ姫を思い起こさせてくれました。何の木でしょう。    八千穂高原にて。
 
 
 
 
お散歩に気持ちのいい季節です。どこを歩きましょうか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧